Tag Archives: ec2

AutoScalingはどのEC2 インスタンスをTerminateするのか

AutoScalingは縮小(Scaling-In)の条件を満たしたら、どのEC2インスタンスをTerminateするのでしょうか。EC2のFAQには下記のように説明があります — Q: 規模の条件が満たされた時点で、Auto Scaling は、Auto Scaling Group においてどの Amazon EC2 インスタンスを終了させるのかどのように決定するのですか? 縮小/拡張の条件が満たされた時に終了するインスタンスを選択する際に、Auto Scaling は現在の起動設定を持つインスタンスを保持しようとします。したがって、現在の起動設定を持たないインスタンスが終了されることになります。複数のインスタンスがこの条件を満たす場合、Auto Scaling は実行されている請求時間が最も長い(超過せずに)インスタンスを終了します。特定のインスタンスを即時停止したい場合は、TerminateInstanceInAutoScalingGroup API を使用することができます。 — EC2 FAQ

Posted in amazon web services | Tagged , | Leave a comment

EBSボリュームをEC2インスタンスに接続する方法

起動中のEC2インスタンスにEBSボリュームをアタッチとマウントをする方法をご紹介します。

Posted in amazon web services | Tagged , | Comments Off

instance-storeのインスタンスからEBS-BackedのAMIを作る

Instance-StoreタイプのインスタンスからEBS-BackedタイプのAMIを用意する方法を説明します。 注意:DevPay(有料) AMIに関しては、AMI提供者によっては「EBS-Backedタイプに変更」や「bundle作業」は禁止しているようです。この場合、サポート外だとかライセンスの違反などになり得るので、提供者さんに確認してみましょう。また、EBS-BackedタイプのDevPay AMI自体がAWSでサポートしていないので、DevPayのAMIをこの方法で使うのはやめておきましょう。参照: http://aws.amazon.com/devpay/faqs/#How_does_Amazon_DevPay_protect_my_application_from_unauthorized_use

Posted in amazon web services | Tagged , , , | Leave a comment

EBS-backedインスタンスのrootボリュームをサイズ増量

EBS-backedタイプのEC2インスタンスのrootボリュームのサイズ容量を増加させる方法を説明致します。  シチュエーションとしては2通り考えられます。 1. EC2インスタンスを一度stopさせて、増量作業をする 2. 既に起動中のEC2インスタンスで停止できない状態なのだが、すぐに容量を増加させないといけない場合

Posted in amazon web services | Tagged , | Leave a comment

EC2インスタンスのバックアップ/AMI作成 方法

まず、EC2インスタンスには大きく2種類のタイプがあります。 Instance-store (S3-backed)タイプのインスタンス EBS-backedタイプのインスタンス Instance-storeインスタンスはrootボリュームがephemeralストレージ(仮想ホストに存在するストレージ)に保存されています。そのため、インスタンスをterminateをすると、rootボリュームのデータはなくなります。また、stop/startは仮想ホストを移動する可能性があり、rootボリュームは仮想ホストに依存しているため、Instance-storeインスタンスではstop/startはできないようになっています。 EBS-backedインスタンスではrootボリュームがEBSボリュームになっています。このため、インスタンスをstop/startやterminate(DeleteOnTerminationがfalseになっている場合のみ)した場合、EBSボリュームは消えませんのでそのボリュームを新たなインスタンスにアタッチするだけでデータをそのまま使える仕組みになっています。

Posted in amazon web services | Tagged , , | Leave a comment