EC2での時刻がズレる(OFFSET)ことに関して

EC2では起動時に仮想サーバホスト(Xen)の時刻を元に同期が行われております。
仮想サーバなどの環境では(高負荷CPU使用などで)稀にインスタンス上の時刻がずれるので、そのため別途インスタンス上でNTPなどを使って時刻修正が推奨されています。
NTPを使わずに時刻を修正する方法:

[root@ip-10-0-0-19 /]# hwclock --hctosys
[root@ip-10-0-0-19 /]#

“hwclock”コマンドを使ってハードウェア時刻を元にシステム時刻を修正します。
これをcronjobなどで定期的に修正を入れることで常に時刻のOFFSETを小さく収めることができます。
NTPを使って時刻を修正する方法:
まず、Xenとの時刻同期を行うようになっているか確認して頂き
# /sbin/sysctl -a | grep wallclock
結果に「xen.independent_wallclock = 0」と表示された場合は同期が行われるようになっています。
停止させるために、下記のコマンドで実行します

echo 1 > /proc/sys/xen/independent_wallclock
システム再起動後にも自動的にこちらが反映されるようにするため、
/etc/sysctl.conf に
xen.independent_wallclock = 1
を変更・追加してください。
NTPをインストールされていない方は、下記のコマンドでインストール

$ sudo yum -y install ntp

About tkobayashi

#aws #cloud #programming #web #ninja #gym #movies #scuba #twoandahalfmen http://www.koba206.com
This entry was posted in amazon web services. Bookmark the permalink.

Leave a Reply